山登り レンタル

山登りのグッズはレンタル?購入?

 

 

高校時代に山岳部に所属していた友人の勧めで山登りに挑戦しました。
社会人になってから運動不足も加速して体重は増えちゃうし、仕事のストレス発散にもよさそうと思って!

 

自然は元々大好きなのもあったのでとても楽しかったです。
でもいざ始めるとなるとちゃんと考えなきゃいけないのが登山用品はどうするかですよね。

 

 

 

今回行こうとしている山は丹沢大山です。

 

標高1,252mの山で中腹から約2時間で頂上というコース。

 

 

 

 

 

 

それなりに本格的なので、結構な山登り感を味わえます。
そうなると装備もそれなりに必要になります。

 

ハイカットの登山靴、登山用の靴下、雨具、防寒具、帽子、ナップザック、ヘッドランプ、速乾性の衣類、できれば地図、コンパスなどなどです。

 

富士山などのさらにハードな山はそれ以上に装備が必要になりますね。

 

でも実際山登りって、趣味程度なら数カ月に一回行くか行かないか程度ですよね。
そのためにこれだけの道具を購入して揃えるのは結構予算が大変です。

 

プロや毎週登ってますという人なら元が取れるので、間違いなく購入した方が安く済みますが、時々ならレンタルの方が断然お得ですよね。

 

 

 

 

おすすめのレンタルサイトご紹介。

 

やまどうぐレンタル屋

 

ただ登山用品をレンタルするだけの事業に留まらず、「登山人口の増加」と「安全登山の推進」をミッションに、2010年オープンしたショップ
雑誌やテレビなどのメディアでも多数掲載されています。

 

山登り当日天候不良で中止になっても体調不良使用しなくても、キャンセル時に全額返金してくれるのでアフターフォローがいいですね。

 

新宿店(通常営業)や河口湖店(夏季限定営業)で事前試着をさせてもらえるし、利用後の返却も可能なので帰り道身軽になって嬉しいですね。
富士山だとレンタルもろもろ5合目で返却できるらしいです。(夏季のみ)

 

サイズが合わない場合は再送!
悪天候のキャンセル、日程変更は手数料無料!!
メンテナンスも必要なし!
料金は往復とも送料無料!


 

気になるメンテナンス対応は?

 

雨具のメンテナンスの工程
ポケットの中の忘れ物やゴミがないかを確認。洗濯後、撥水材剤で仕上げる。最後に破れ、穴、紐切れなどないかチェックをする。

 

靴のメンテナンスの工程
靴底の医師や泥を取り除いて、インソールを取り出し洗濯。靴本体は高圧洗浄機を使用して水洗い。汚れの落ちない部分は手洗い。風通しの良い場所で数日乾燥させる。

 

ザックのメンテナンスの工程
ポケットの中の忘れ物やゴミがないかを確認。汚れを布でふき取る。ひどい汚れの場合は、中性洗剤で手洗いします。
風通しのよい場所で乾燥させる。最後に消臭・除菌し、破れやパーツの不具合がないかを確認する。

 

団体レンタル

企業研修・学校・部活・サークルなどで利用される方が多いようです。出張フィッティングを行ってくれたり、説明会も対応してくれるます。

価格

一番人気の初心者フルセット6点が一泊二日で¥10,500、二泊三日で¥12,500

 

他にも子供用アイテムや冬山用のアイテム、キャンプ用アイテムまで幅広く扱っていますよ。

 

                                                         

 

 

登山レンタルならそらのした

 

 

富士登山を主軸に登山グッズのレンタルを展開している。

 

他にもキャンプ用品、テントや、寝袋、チェアなどのフェスグッズなども充実。
トップブランドの人気商品200アイテム以上もありますよ。ポール・ヘッドランプ・スパッツ等もガイドが使用するレベルのものを採用しているなど、『全てが高品質で使いやすいもの。カラー・サイズが豊富で女性にも人気のようです。
レインウエア・登山靴・ザックは一流品を扱い、ること』を重視していますね。

 

初心者向けに持ち物リスト、靴の選び方、リュックの撥水・防水方法など基本情報がも特集がたくさんあり。
初心者にはとても参考になりありがたいです。

 

ヤマト運輸使用。送料は関東なら¥1,000(関東以外は地域による。¥1,500〜1,800
登山用品であれば使用後、山岳付近の全9施設で返却可能。富士登山ならば現地での返却も可能です。

 

突然の天候不良も安心。レンタル当日のキャンセルであっても半額返却

 


 

団体レンタル

10個以上のご注文の場合、団体割引として扱うことがございます。年額定額レンタル会員制を採用しているのでコストは格安になる。

 

気になるメンテナンス対応は?

オゾン殺菌等業務用機器等でプロのメンテナンスを実施し提供している。
高品質追求の為、返金システムも採用。自社のシステムに自信があるゆえできること。
利用者も安心して利用できますね。

 

価格

初めての登山セット6点一泊二¥9,980 
子供用も取り扱いあり。スマホアプリもある。                                                                                                              

 

 

レンタルできる商品項目

ウエア、スカート、トレッキングパンツ、スパッツ、ザック、レインウェア(ゴアテックス)、トレッキングシューズ、トレッキンググローブ、トレッキングポール、サングラス、ヘルメット、帽子、GPS、時計、双眼鏡、ランタン&ライト、シュラフ(寝袋)、防寒着、テーブル&キッチン 他

 

レンタルだから叶うメリットがたくさん

 

登山用品のレンタルって基本セットくらいかなぁと思ったらホント色んなものを扱っているなんでも屋さんみたいです。
以前山登り専用の実店舗でも見つけられなかった商品もたくさんあります。「こんなものも山登りでしようするんだ。」といった初心者ならではの発見もあります。

 

配送の問題、往復の送料の問題。商品の使用感、清潔感の問題等ユーザーが共通で悩むレンタルのデメリットもしっかりカバーされているので、抵抗なく利用できますね(^^ 

 

私は普段仕事で忙しくて購入する時間もままならなかったんですが、レンタルを見つけからは空いた時間に商品検索して頼めるし、セット販売もしているのでコーディネートに悩まなくていいのがとっても時短できましたよ〜
 購入で検討していた時は、何にもわからないので山用品専門ショップで一日ウロウロしてましたね。笑

 

 

どちらのサイトも一泊二日は¥10,000前後でレンタルできるのが嬉しいんですよね。
トレッキングシューズもピンキリですが、脚への負担の軽減、安全面を考えると、とても重要なので無難な価格だと¥30,000はしますね。年に数回行くか行かないかでシューズだけでもこの価格はかなり負担が大きいです。
それにプラスレインウェア3万前後、ザック1〜2万円、アンダーウェア4千円前後、フリース2万円、パンツ1万円、帽子4千円、靴下2、3千円基本のアイテムだけでも全て揃えると¥100,000は軽く超えます。
年間10回行ってやっと元が取れるということ。そう考えるとレンタルの方が断然お得ですね。

 

すべて揃えなくてもこだわりたいものだけ、レンタルでいいものを購入するというのはいいと思います。
大山を登る時はパンツ、ソックス、グローブ、帽子、アンダーウエア等はユニクロでチノパンを購入し、後はレンタルにしたら、とっても安く済みました^^

 

 是非ご参考くださいね。